【2024年2月】Oゲージ鉄道模型を高価買取します!

Oゲージ鉄道模型は、鉄道模型の一種で、線路幅が32mmのOゲージを採用しているものです。Oゲージは、日本では主に2レール式の直流電源方式を採用されていて、コアな鉄道模型ファンに愛されている模型です。Oゲージの鉄道模型は、スケールが1/45であるため、実物大の鉄道車両や建物と比較的大きさが近いこともあって迫力あるスタイルが人気な鉄道模型です。大きさがあることから手作業での製作もしやすく、カスタマイズしたいユーザーに好まれています。また、個性的なレイアウトの製作にも向いています。

Oゲージを高価買取します

他店より高く買取できる理由は、無駄な経費を徹底排除していることです。

事務所はオフィスビルの4階に買取専用窓口として設けており、駅前の綺麗なテナント店舗ではありません。これだけで月額の運営費を数十万円単位で抑えることができるのです。最寄駅から徒歩10分と少し不便なところにあるため、店頭持ち込みされる方には多少ご不便をおかけしていますが、その分買取価格には絶対の自信を持っています。

買取専門店であり、広告費用をかけることなく運営することで、余計なコストを省くことができます。一般の買取店だとウェブ・雑誌・タウン誌などへ広告費を使っていることがあります。多額の広告費を使っているケースもあるようですが、当店は一切広告費を使っていません。そのため、他店よりも高い買取価格をご提供することが可能となっています。

Oゲージの価値を見極めて高価買取します

Oゲージは大変貴重で高価な鉄道模型です。日本で一般的な鉄道模型といえばNゲージですが、それは比べ物にならないほど、大金を使って手にしてきたものと思われます。せっかく集めたOゲージをご近所・駅前にある何でも買取ショップへ売ってしまうのはおやめください。鉄道模型はブランド品・貴金属とは全く異なる分野の商品です。売り先を間違えると、本来の価値よりだいぶ低い金額を提示されてしまうこともあるようです。

Oゲージの買取価格は「お品物(メーカー・品番)」と「状態・外箱の有無」によって決定します。
お品物によっては過去の取引履歴がほとんどないケースもあり、このようなお品物の買取価格は業者によって相当な金額差になる事が多いです。

Oゲージこそ専門店へ売った方が良い理由

鉄道模型専門店だから、Oゲージの知識を持ったスタッフが査定します。そのため、商品の評価や買取価格の査定について、明確な金額をご提示します。専門店外だとOゲージの扱い数が極端に少ないことから、突っ込んだ買取価格をつけることに躊躇するのが普通です。取引事例が少ないと、買取業社が損を防ぐために安めの金額をつけられてしまうのです。

責任者
責任者

Oゲージは専門店以外だと、取り扱い経験がほぼゼロだと思われるので、絶対に専門店を使うべきです。当店でなくても構わないので、絶対に専門店へ売るようにしてください。

中古品として最大限高くなるよう査定しており、中古品であることや劣化を理由として大幅に減額になるような適当な査定をすることはありません。中途半端な知識や権限しかないスタッフが査定することもありませんので、金額に不満があれば遠慮なく金額交渉してください。

専門業者なら高価買取

鉄道模型専門店だから、高価なOゲージでも一括で買い取っています。一般的なリサイクルショップや古物商では、鉄道模型についての専門知識や市場情報が不足していることがあり、高額な買取が期待できない場合があるようです。
とくにOゲージは、希少性もあることから中古市場で高価で取引されているものがたくさんあります。

不用品回収業者や遺品整理業者では取扱件数が圧倒的に少ないため、相場知識もなく、仮に買い取ったとしても当社のような専門業者へ売っていることもあるのです。このようなケースだと余計な中間業者が入ることになるため、お客様が受け取る金額は少なくなってしまいます。

最短1分便利なLINE査定を活用ください

当店は、鉄道模型の買取おいて数多くの実績を積み上げてきました。この実績により、迅速な査定が可能となっております。
過去にお譲りいただいたお客様のケースですが「他店との金額差が80万円もついた」ことがありました。

流石にこれだけの金額差になることは珍しいのですが、一般の買取ショップ・総合リサイクルショップではOゲージの本当の価値を見極めることは難しいでしょう。そもそも中古市場においてOゲージの流通量は少ないです。お店によっては過去に一度も扱ったことない人が査定するなんてケースも普通に起こり得ます。

当店が高く買取できる理由

お客様からの売買履歴や、最新オークションデータからOゲージ鉄道模型の最新の相場を把握し、他社に負けない高額買取価格を提示することが可能となっています。お客様のOゲージの価値を正確に見極めるために、常に最新の市場情報やデータを蓄積し分析することを怠らず運営しております。

鉄道模型Oゲージをご売却されるなら一度、査定を確かめてみませんか!?お気軽にご相談ください。

Oゲージ買取に関するよくあるご質問

品物が大きいので出張買取をお願いしたい

はい、お住まいの地域によって出張買取にて対応しています。
主に「東京・神奈川・千葉・埼玉」となりますが、その他近郊エリアであればご相談に応じて出張対応しております。Oゲージということで高価品のためできる限り出張にて買取いたします。

遺品整理なのですがどうするのが良いですか?

まずはお電話にてご相談いただくのがスムーズです。遺品整理のご依頼も多数頂戴しておりますが、売主様が鉄道模型の知識をお持ちでないことが多く、査定のご依頼自体が面倒に感じられる方が少なくありません。

お品物量・お住まいの地域・希望されるスケジュール等からベストな方法をご提案させていただきます。

他店より高いならお願いしたいです

はい、ご相談ください。Oゲージであればかなりの確率で他店より高く買取できるはずです。試しに査定をご利用ください。もし他店のほうが高ければ遠慮なく金額交渉してください。

査定は無料ですか?

はい、もちろん一切料金はかかりません。売るか迷ってるOゲージをお持ちなら試しに査定していただくことも大歓迎です。当店自慢の買取金額をご提案いたします。じっくりご検討ください。

Oゲージの主なメーカーについて

Oゲージ鉄道模型の主なメーカーとしては、以下のようなものがあります。

メルクリン (Märklin)
リマ (Lima)
ホーンビィ・ジャパン (Hornby Japan)
アティカ (ATHEARN)
ライオネル (Lionel)
ウィリアムズ・エレクトリック・トレインズ (Williams Electric Trains)
アメリカン・フライヤー (American Flyer)
ガルグレイブ (GarGraves)
カツミ
セッテ

これらのメーカーは、Oゲージ鉄道模型の車両や線路、建物などを製造されています。

OゲージとOJゲージの違いについて

OゲージとOJゲージは、鉄道模型の線路幅が異なりますが、スケールは同じです。
Oゲージは、線路幅が32mmで、スケールは1/45である規格です。一方、OJゲージは、線路幅が24mmで、スケールは1/45となっています。つまり、OJゲージはOゲージよりも線路幅が小さく、スケールは同じ規格になります。

OJゲージの歴史について

Oゲージの歴史は古く、1901年にドイツの鉄道模型メーカーであるメルクリン(Märklin)が最初に発売したのが始まりとされています。Oゲージは世界的に普及し、アメリカの鉄道模型メーカーであるライオネル(Lionel)やアメリカン・フライヤー(American Flyer)、など、多くのメーカーから製品が発売されるようになりました。