メルカリ・ヤフオクで高く売る方法

鉄道模型のご売却方法は「買取店」を使う方法だけではありません。最近はスマホ✖️インターネットによって当社のような中間業者を使うことなく、個人売買することが容易になっています。

個人売買には手間がかかるなど一定のデメリットもありますが、その分手元に残るお金は多くなる傾向があります。
そのため、お品物数がさほど多くなく、時間的に余裕あるなら「ヤフオク・メルカリ」を使って個人売買へ挑戦してみるのも一つの方法です。

ヤフオクやメルカリを使って売ったほうが良いケース

  • 鉄道模型が10品未満である
  • 日常的にヤフオクやメルカリを使っている
  • 出品作業(撮影・やり取り・発送など)する時間的な余裕がある

逆にお勧めしないのは「数十品以上の売却」である場合や「ヤフオク・メルカリ」の仕組みについて全く理解していないなら、余計な手間・時間を使った割に思ったほどの金額で売れなかったり、余計なトラブルを抱えてしまう恐れがあります。高く売れるどころか損してしまう人もいるので注意してください。

注意点

ヤフオクやメルカリでの売却には一定の手数料が発生します。この手数料の割合はプラットフォームによって異なりますが、利益計算をする際にはこの点を考慮する必要があります。売れた金額全額が受け取れるわけではないことに注意してください。また、売買過程でのコミュニケーション不足や誤解が原因で、トラブルに発展することがあります。商品の状態に関する誤解や、発送遅延などが原因でこのようなトラブルになることがあります。

さらに、出品や発送に伴って、自分の個人情報を伝える取引形態もあるので、そのあたりも慎重に検討してください。

ヤフオク・メルカリに出品する

簡単に流れを説明すると「商品の撮影」→「出品手続き」→「売却」となります。
スマホがあれば、登録から出品まで完了できるので、誰でも比較的簡単に売ることできます。

メルカリやヤフオクで物を売る際には、いくつかのステップとコツがあるので、以下に高く売る方法や注意点など、初心者向けに丁寧に説明していくので参考にしてください。

実際に出品してみよう!

アカウントの作成

ヤフオク:Yahoo! JAPAN IDが必要です。まだ持っていない場合は、Yahoo! JAPANのサイトで作成できます。ヤフオクを利用するためには、追加でヤフオクのアカウント設定が必要になる場合があります。

オークション形式のサービスが主体で、個人だけでなく法人も出品者として参加しています。固定価格での販売(即決価格)も可能ですが、オークションでの売買が特徴です。

メルカリ:公式ウェブサイトまたはアプリから無料でアカウントを作成します。電話番号やメールアドレスを使用して登録し、必要情報を入力します。

フリーマーケットアプリとして知られ、個人間での売買がメインです。手軽にスマートフォンから商品の出品から購入までが可能です。

ポイント:新規登録キャンペーンなど実施していることも多いので、それを利用して登録することをおすすめします。メルカリなら友達からの紹介キャンペーンがあること多いので、知人や家族でメルカリやってる人がいないか確認してから登録しましょう。

鉄道模型の準備・撮影

「メーカー・品番」を確認します。
明るい光の下で複数の角度から高品質の写真を撮影しましょう。傷や使用感がある場合は、それも正直に撮影しておくことが重要です。写真の出来栄えは入札率に影響するので、何度かチャレンジして納得の写真を撮りましょう。

出品・価格設定

綺麗に写真が撮れたら、出品作業です。
商品の魅力が伝わるように、詳細かつ正直な商品説明を書きます。商品の状態、特徴などを記載します。作動確認についても触れておきましょう。長期間放置していて作動未確認ならその旨を正直に記載することが重要です。記載方法についてわからなければ、実際に出品されている商品について調べてみましょう。それと似たような項目を記載すればOKです。

価格設定について

あまり欲張りすぎる価格設定は禁物です。同じ商品の出品状況を確認し、中間程度の金額を狙うのがおすすめです。とくに過去に取引履歴がゼロのアカウントだと、入札率が悪い傾向にあります。注意書きに丁寧・迅速に対応することなど一言書いておくのも良いでしょう。

入札・発送

購入希望者から質問が届くこともあります。それらには親切・丁寧・迅速に対応することが求められます。また、商品が売れたらすぐに発送したほうが良いので、数日間家を空けるなど発送できそうにないなら、出品スケジュールを調整してください。購入者はあなたにとってお客様になるので、普段自分がネットショッピングなど利用することあると思いますが、そのときに業者がどのような対応しているか思い浮かべてください。注文したのに何の音沙汰もない、いつまでも発送されないなんてことはNGです。

ヤフオクやメルカリが向いてる人

  • 写真撮影や商品説明の作成に時間をかけられる人。
  • 商品の価値を見極め、適切な価格設定ができる人。
  • 購入者とのコミュニケーションを大切にできる人。
  • 小まめにアプリやサイトをチェックし、迅速に対応できる人。

購入者は迅速な対応を求めているケースも多くあるので、すぐに対応できない人は難しいと思ってください。
商品代金の設定は難しい部分もあり、欲張りすぎると売れないので、適度な価格設定が成功への秘訣です。

ヤフオクやメルカリが不向きな人

  • 即座に対応するのが難しい人。購入希望者からの問い合わせや購入後の対応が遅れると、評価が下がります。
  • 梱包や発送の手間を惜しむ人。商品を確実に購入者へ届けるためには、適切な梱包が必要です。

まとめ

両プラットフォームともに、取引の安全を確保するためのシステムやサポートを提供していますが、対応の速さや手厚さはユーザーによって感じ方はことなるようです。メルカリは手軽さを重視し、ヤフオクは多機能性とオークション特有の取引によって高値追求できるといったメリットがあります。

自分のニーズに最適なプラットフォームを選択することで満足のいく売却を実現することができるでしょう。

ちなみに手数料ですが、以下の通りとなります。キャンペーンなどによって手数料率が変わることもあるので参考としてご確認ください。

  • メルカリ:出品は無料で、商品が売れた際には売上の10%を手数料としてメルカリが取ります。
  • ヤフオク:出品するには基本的に出品手数料がかかりますが、無料出品枠やキャンペーンを利用することも可能です。落札された場合の落札手数料が発生し、その率は商品の価格によって異なります。また、Yahoo!プレミアム会員(有料)の場合、特定の条件下で手数料が免除されるなどのメリットがあります。